top of page

メガネのお供にユニークなアクセサリーはいかが?OEMのご依頼は和心へ!

こんにちは!Y.Yでございます! ☆Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!☆

春うららな気候をすっ飛ばして初夏もかくやな日和。 温度差で風邪をひきそうですが日本はこれからどんどん暑くなってまいります。 先週はお花見の盛りでしたが、皆様今年の桜はいかがでしたか?

はてさて、本日も弊社の実績をご紹介いたします。 本日はメガネをモチーフにしたアクセサリーのご紹介です。


12281844_5863899a4f867

12281845_586389b187b13

12281846_586389ddb0ca6

12281850_58638aee7bfc9

貴婦人が愛用した眼鏡式ルーペを、スチームパンクな雰囲気漂う一本簪(かんざし)に仕立てました。 丸眼鏡のようなフォルムは、ロニエットという眼鏡式ルーペがモチーフ。 ロニエットは1900年代当時、眼鏡をかけることを好まない貴婦人たちの間で用いられ、持ち手を折りたんでペンダントにして持ち歩いていました。 持ち手部分を簪の軸に見立て、飾り部分には丸い眼鏡フレームを配しています。 下がりのチェーンの先端には小さなタッセルモチーフを配し、歩くたびにゆらゆらと大きく揺れます。 タッセルの底には、さり気なくwargoのロゴを掘り込みました。 細かい線や模様の装飾が施された眼鏡のブリッジ部分は二本構成のため丈夫な作りになっています。 軸には丈夫な真鍮軸を用いており、髪の長い方でも使いやすく1本使いでもまとめることができます。 和装だけでなくカジュアルな洋服にもよく映える普段使いにも身に着けやすい簪です。

時代のファッションスタイルを表す眼鏡。場面に応じて広げれば眼鏡として使用できるロニエットはその時代のスタイルを象徴しています。 ファッションの邪魔にはならず、しかも実用的。 そんな19世紀の上級オシャレアイテムを身につけることで、ちょっぴり貴婦人気分。 丸レンズの可愛らしさが引き立つように、細かな装飾をあしらいました。 実際のロニエットには無い小さなタッセルを付け足すことで、現代のロニエットを楽しんで頂きたいという想いを込めました。

サングラスやPCメガネのお供にこんなユニークなアクセサリーはいかがですか? お仕事の途中ちょっと髪が邪魔だな?という時に、インテリアにも最適でオススメです! このほか、デザインのご提案やご要望があればメガネチェーンやポーチの作成も可能です。 気になる方はまずはご相談を。 どんなものが作れるか見てみたいという方は、まずは弊社ECサイトをご覧いただくか、カタログのお申し込みをお願いいたします。

弊社ECサイトではこれらの製品の他、シルバーアクセサリーから傘まで様々な商品を取り扱っております。 https://www.wargo.jp/

ほか、サングラスの実績一覧はこちらのページにて http://original-sunglass.com/works/

ご連絡いただければ既製品のカタログや大まかなお見積もりをご相談することも可能です。 ーーー 【OEMお問合せ窓口】 お電話:03-5785-3331(平日午前10時〜午後7時) メール:info@wagokoro.co.jp ※お電話・メールでの土日・祝日頂いたお問い合わせに
関しましては、 翌営業日以降に折り返させていただいております。 予めご了承ください。 ーーー

それでは本日はこの辺で。 ( ̄ー ̄)ノ◇”ハンカチフリフリバイバイ♪

Kommentare


bottom of page